ヤマヒデ食品株式会社
ページトップ
だしについて
日本伝統のだし
かつおぶし
他国の味のベースとなる様々なスープ類と比べて、 日本料理のだし程おいしいものはないのではないでしょうか?  旨み成分たっぷりのだしが味の基本なのです。「うまいっ!」となるのです。 日本の地に生きるため、日本の産物を利用して作り、伝えられてきた伝統の味。 おいしい料理は日々の生活を豊かにします。
だしの種類
かつおぶし
日本で古くから培われてきた伝統の味。 未来に伝えたい、世界に誇れる日本料理のだし。
いろんな素材や削り方、組合せ、だしの取り方等、種類も非常に豊富で、 料理毎にあっただし、地方によって好まれるだしがありその奥深さも魅力のひとつです。 料理人毎に違うだしがあると言っても過言ではありません。
天然の素材からとられた本物のだしは、塩分が少なく旨み成分がたっぷり入っていますので、口にしたとたんに違いがわかります。
みなさんも、自分だけのだしをさがしてみませんか?
かつお荒節
かつお荒節
だしの代表的素材です。かつお節を焙乾工程で終えたもので、旨み成分のイノシン酸が多く含まれており、豊かなコクと香りが特徴です。煮物や汁物など様々な料理に利用されています。 かつお本枯節
かつお本枯節
上のかつお荒節から、さらにカビ付け工程を経たものです。カビの働きで水分はさらに減り、旨みも増しています。上品な香りとまろやかな味わいを堪能できます。関東地方では荒節よりも枯節の方が好まれています。
宗田かつお
宗田かつお
目近節とも呼ばれ、ソウダガツオを原料として作られています。かつお節よりも色、味共に濃厚なだしがとれ、煮物やうどん、そば等に利用されます。 まぐろ節
まぐろ節
しび節、めじ節とも言われ、だしの色が薄くすっきりとした味が特徴です。透明感があるので吸い物に利用される事が多く、かつお節と合わせてだしをとる事も多い素材です。
むろあじ節
むろあじ節
まろやかなコクと甘みがあり、香りはひかえめで臭みがありません。中部地方でうどん等によく利用されている素材です。 うるめいわし
うるめいわし
関西では味噌汁やうどんだしの主な素材で、しっかりした香りと上品なだしがとれます。カタクチイワシ、マイワシなどの種類があり、カタクチイワシの稚魚の煮干しを「いりこ」と呼びます。
さば節
さば節
他の素材と合わせて利用される事が多く、甘味のある濃いだしが特徴です。じっくり時間をかけてだしをとります。だしが冷めると臭みがでるのであたたかい料理に向いています。 さんま節
さんま節
クセのある香りとまろやかな甘みのある淡泊なだしが特徴で、最近ではラーメンのスープに利用される事も多い素材です。
あご(飛び魚)
あご(飛び魚)
上質でコクのある、すっきりしただしがとれます。トビウオの事を長崎地方ではあごと呼び、「あごが落ちるほど美味しい」が由来と言われるほどで、希少価値の高い素材です。 昆布
昆布
旨み成分であるグルタミン酸が多く含まれており、煮干し類や節類とはまた違った旨みや香りです。イノシン酸を多く含むかつお節等と合わせてだしをとる事で、旨みの相乗効果が得られます。
干ししいたけ
干ししいたけ
旨み成分であるグアニル酸が多く含まれており、昆布のグルタミン酸、かつお節のイノシン酸の三大旨み成分と呼ばれています。水に漬け込む事で、おいしいだしが取れます。